神戸で離婚をお考えの方は当事務所にご相談ください。弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会)

神戸の弁護士による離婚相談室

JR神戸駅、高速神戸駅からすぐ 078-382-3531 電話受付 9時00分~21時00分

  • HOME
  • 離婚をお考えの方へ
  • 離婚手続きの流れ
  • 解決実績
  • Q&A
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 事務所概要
法律相談のご予約 初回30分3000円 078-382-3531 9時00分~21時00分 メールでの相談予約はこちら
  • HOME
  • 動画Q&A解説
  • Q 元妻が再婚をした場合、養育費の支払いはなくなりますか。

Q.子どもの親権と監護権をわけるにはどのような手続きが必要でしょうか?

質問

 夫との離婚協議の結果、子どもの親権と監護権をわけることになりました。この場合、 どのような手続をとればよいでしょうか?

 

回答


 離婚をするにあたり、互いに親権を譲らないときは、親権と監護権をわけることも選択肢のひとつでしょう。

 

 但し、離婚届けをご覧になられればおわかりのとおり、親権者を記載する欄はありますが、監護権者を記載する欄はありません。
 そこで、親権と監護権をわける場合、離婚協議書に記載しておく必要があります。きれば真実性を担保するためにも、公正証書の形式で作成しておくことをお勧めします。
 

Q.元妻が再婚をした場合、養育費の支払いはなくなりますか?

 

質問

 離婚をした元妻に対して、離婚協議書で取り決めた内容通り、2人いる子どもの養育費を支払っていましたが、この度、元妻が別の男性と結婚をすると友人から聞きました。
 元妻が再婚をした場合、毎月の養育費は支払わなくてよくなるのでしょうか。また、離婚協議書で取り決めた内容を変更することはできるのでしょうか。
 

回答

 元妻が再婚をしたからといって、それだけを理由に、あなたの養育費を支払う義務がなくなるわけではありません。ただし、再婚することによって事情が変更したと認められる場合には、相応の減額請求をなし得るものと考えられます。
 また、離婚後、事情が変更したと認められる場合も、離婚協議書で取り決めた内容を変更できる可能性があります。話し合いが難しい場合、家庭裁判所に養育費の減額請求の申立てをされるとよいでしょう。
 

 

動画Q&A集

Q マイナスの財産も財産分与の対象となりますか?

Q 離婚はせずに慰謝料請求はできますか?

Q 自ら家出をした場合でも、生活費の請求はできますか?

Q 合意がない場合に協議で離婚を成立させることはできますか?

Q 夫の精神病を原因に離婚を成立させることはできますか?

Q 面会交流を確実に行う方法はありますか?

Q 財産分与の割合は一律で決められているのですか?

Q 元妻が再婚をした場合、養育費の支払いはなくなりますか?

 

当事務所へのご相談はこちらから受け付けております。まずはお気軽にお電話ください。

Img7.jpg

ご相談の流れ

弁護士費用

弁護士紹介

事務所紹介

アクセス

お問い合わせ


弁護士費用弁護士紹介相談の流れ相談票ダウンロードキッズスペース完備sego3.jpg

Contents menu

Access法律事務所瀬合パートナーズ

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通
2丁目1番18号
JR神戸駅NKビル9階
(旧.日本生命神戸駅前ビル9階)

対応エリア
法律事務所瀬合パートナーズ souzoku.jpg 交通事故バナー.jpg 企業法務バナー.jpg 不倫・不貞バナー.jpg
兵庫県神戸市中央区中町通2丁目1番18号 JR神戸駅NKビル9階(旧.日本生命神戸駅前ビル9階)
TEL:078-382-3531 FAX:078-382-3530(9時00分~21時00分)
Copyright (C) 2014 
弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ All Rights Reserved.