神戸で離婚をお考えの方は当事務所にご相談ください。弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会)

神戸の弁護士による離婚相談室

JR神戸駅、高速神戸駅からすぐ 078-382-3531 電話受付 9時00分~21時00分

  • HOME
  • 離婚をお考えの方へ
  • 離婚手続きの流れ
  • 解決実績
  • Q&A
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 事務所概要
法律相談のご予約 初回30分3000円 078-382-3531 9時00分~21時00分 メールでの相談予約はこちら

婚姻費用

DSC_02980016.jpg   婚姻費用とは、通常の衣食住の費用、未成年の子の養育費、医療費など結婚生活をまかなうための全ての費用のことです。夫婦にはお互いに扶助義務があるため、このような婚姻費用も分担する義務があります。
 
たとえ離婚前の別居中、離婚の協議中、離婚調停中、離婚訴訟中であったとしても、離婚が成立するまでは、互いにこの婚姻費用を負担する義務があるのです。
 
妻が専業主婦で、夫の収入に頼って生活している場合など、夫婦のどちらか一方の収入が少ない場合には、収入が多い側(この場合は夫)が少ない側(この場合は妻)の生活費を負担することになります。
 
離婚を前提とした別居中など、夫婦間でもめており、本来払われるべき婚姻費用が支払われない、もしくは非常に少額しか支払われないというケースも見られます。
このような場合は、まずは当事者同士で話し合って相当額の支払いをしてもらうことになるのですが、相手方が感情的になって話し合いがまとまらないということも多いでしょう。
そのような場合は、家庭裁判所に婚姻費用の分担を求める調停を申し立てることができます。
なお、この婚姻費用の分担の調停は、離婚調停を申し立てるときに同時に申し立てることもできます。
 
調停では、婚姻費用の算定表により算出した相場の婚姻費用を目安に話し合いが行われます。
算定表はインターネットなどで公開されており、子どもの数、相手方の収入とこちら側の収入を基準として金額が算出されます。そして、そこで算出した金額をもとに、個別の事情(例えば、子どもが私学に通っていて学費が高い場合はその分上乗せなど)を加えて話し合いを行っていくことになります。
 
調停をしても相手方と話し合いがつかないときは、審判に進み、裁判所が相当な婚姻費用の金額を決めることになります。
 
婚姻費用をすぐにもらわなければ生活に困窮するという場合は、仮払いの仮処分や相手方の財産を差し押さえる仮処分を行う方法もあります。

離婚とお金に関する他の記事はこちらをご覧下さい。

慰謝料

不倫相手への慰謝料請求

弁護士会照会

婚約破棄

内縁破棄

離婚はせずに慰謝料請求する

財産分与

養育費

婚姻費用

年金分割


当事務所で解決をした「婚姻費用」に関する事例はこちらをご覧ください。

熟年離婚で,婚姻費用や不貞の慰謝料,財産分与,年金分割等が争われた事例

「婚姻費用」に関するよくあるご質問はこちらをご覧ください。

Q.婚姻費用の請求について、相手方の管轄地の家庭裁判所で手続をとらなければならないのでしょうか?


 

当事務所へのご相談はこちらから受け付けております。まずはお気軽にお電話ください。

Img7.jpg

ご相談の流れ

弁護士費用

弁護士紹介

事務所紹介

アクセス

お問い合わせ


弁護士費用弁護士紹介相談の流れ相談票ダウンロードキッズスペース完備sego3.jpg

Contents menu

Access法律事務所瀬合パートナーズ

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通
2丁目1番18号
JR神戸駅NKビル9階
(旧.日本生命神戸駅前ビル9階)

対応エリア
法律事務所瀬合パートナーズ souzoku.jpg 交通事故バナー.jpg 企業法務バナー.jpg 不倫・不貞バナー.jpg
兵庫県神戸市中央区中町通2丁目1番18号 JR神戸駅NKビル9階(旧.日本生命神戸駅前ビル9階)
TEL:078-382-3531 FAX:078-382-3530(9時00分~21時00分)
Copyright (C) 2014 
弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ All Rights Reserved.